調査をする前の応急処置で雨漏りの被害を最小限に抑えよう。

どうして雨漏りするの?~特殊な調査で原因を解明~

雨漏り調査前の応急処置~天窓からの雨漏りを防ぐ~

雨漏り修理

天窓の雨漏りを発見した際に応急処置をすることで被害を最小限に抑えることができます。大切な家を雨漏りの被害から守るためにも、正しい応急処置を覚えておきましょう。ここでは雨漏りへの対処法を紹介していきます。

こんな状態は要注意

  • 天井や壁に水で濡れた跡のようなシミがある。
  • 豪雨の時に天井裏から「ポタポタ」と水がしたたり落ちる音がする。
  • 雨が降った後に部屋の中がカビ臭くなることがある。

応急処置方法

天窓からの雨漏りに気付いたら、まずはこれ以上雨が浸入しないようにビニールシートを被せます。ビニールシートはホームセンターで比較的安価で手に入ります。ビニールシートを被せる時には、風で飛んでしまわないようにテープやおもりで固定すると良いでしょう。そして、室内でも雨漏りの対処を怠ってはいけません。床が濡れると傷んでしまうため、バケツを置いて二次被害を回避しましょう。バケツにある程度水が溜まってくると、水しぶきがバケツの周りにはねてしまうので、新聞紙やタオルを敷くなどして対処しましょう。

天窓のお手入れで雨漏りを防ぐ

雨風の影響を受けやすい天窓は、劣化も早いです。天窓の劣化を少しでも遅らせるためにはお手入れが欠かせません。天窓は高い場所にあるので、どうしてもお手入れをさぼってしまいがちです。ガラスの表面に付着した汚れは雨に流されて、天窓の下に溜まってしまいます。汚れが溜まると天窓の周りの水の流れが悪くなり、雨漏りへとつながってしまいます。つまり、定期的にメンテナンスをしておけば雨漏りを防げるということです。無料で掃除を行なってくれる業者もあるので利用してみると良いでしょう。